スタッフブログ

ペット対応腰壁工事
                         ▲ペット対応腰壁工事
こんにちは!インテリアコーディネーターの隅谷です。

ペットと一緒に暮らすご家庭、とても多いですよね。
藤沢市のS様邸も、そんなご家庭の一軒。

とても楽しく癒される生活の中で、困ってしまうこともあります。
それが、壁についてしまうキズ。

そんなお悩みを解決する為、今回腰壁工事を行います。

すでに、今まで貼っていた壁紙を剥がして準備万端。
ペット対応腰壁工事
                         ▲ペット対応腰壁工事
大工さんは、外で材料の確認と加工中。
いよいよ腰壁を貼っていきます。

今回使用するのは、大建工業の腰壁「ハピアウォールハードタイプ」
ペット対応の腰壁で、ひっかきキズにとても強いんです。

もちろんその機能だけではなく、見た目も豪華に仕上がりますよ。

完成が、いまから楽しみですね

壁面埋め込み手洗器取付
                         ▲壁面埋め込み手洗器取付
こんにちは!インテリアコーディネーターの隅谷です。

トイレの改修工事が進行中です。

今回は、壁面埋め込み手洗器を取り付けるので、その位置の壁を開口。
中には新たに、給排水の配管を通しました。

床を開口して、そこにあるもともとの配管を分岐させたんです。
壁面埋め込み手洗器取付
                         ▲壁面埋め込み手洗器取付
こちらが着工前の様子。

今回のリフォームで、タンクレストイレにするため、
手洗器が、別途必要になりました。

タンクについている手洗いは、遠くて使いづらいですよね。

新しい壁面埋め込み手洗器には、収納もついています。
予備のトイレットペーパーや洗剤など、見えない収納ができるので、便利なんです。

完成が、とても楽しみですね

壁面埋め込み手洗器取付
                         ▲タンクレストイレにリフォーム
こんにちは!インテリアコーディネーターの隅谷です。

藤沢市のS様邸。トイレの改修工事がスタート。

新しく採用したトイレは、タンクレスタイプ。
TOTOのネオレストです。

形状はスッキリとして、お掃除も楽なんです。

タンクがないので、手洗器は別に取付。

今回は、左側の壁についている収納を取外して、
新たに収納付手洗いを取り付けていきます。
タンクレストイレにリフォーム
                         ▲タンクレストイレにリフォーム
というわけで、新たに取り付ける手洗器に給水管・排水管を接続する為、
一部、床・壁を開口して行きます。

こちらは、大工さんが床を開口して、設備の職人さんが、配管を確認しているところ。

床下から、左側の壁に配管を持っていく予定です。

壁紙・床材ももちろん張り替えるので、イメージ一新のリフォーム後が楽しみですね


室内改修工事 養生
                         ▲室内改修工事 養生
こんにちは!インテリアコーディネーターの隅谷です。

藤沢市のS様邸。室内改修工事が着工。

まずは、養生作業からスタート。

今回は、室内の広い範囲に渡っての工事なので、廊下・階段・居室と
すべての範囲を養生していきます。
室内改修工事 壁紙はがし
                         ▲室内改修工事 壁紙はがし
養生が終わると、工事に取り掛かり。

こちらは、壁紙を張り替えるため、既存の壁紙を剥がしているところ。
簡単そうですが、古くなった壁紙は意外と剥がれずらいものなんです。

下地の石膏ボード表面の紙も、一緒に剥がれてきたりするので、
剥がした後は、パテを使って下地調整も必要ですね。
室内改修工事 壁タイルはがし
                         ▲室内改修工事 壁タイルのはがし
S様が壁に貼られていたタイルも、すべて剥がしてしまいます。
今回の工事では、壁紙の張り替えと共に腰壁も貼っていくんです。

どんな風にイメージが変わるのか、リフォーム後がとても楽しみですね



雨漏り原因特定の為水掛試験
                         ▲雨漏りの原因特定の為水掛試験
こんにちは!インテリアコーディネーターの隅谷です。

先日雨漏りの現場調査におうかがいした、相模原市のS様邸。

今日は、水掛試験を実施します。

あらかじめ目星をつけておいた、雨漏りの原因となりそうな箇所に、
高圧洗浄機を使って、順次水を掛けていくんです。

まずは、一番怪しいベランダの笠木部分。
ここはシールが切れて、笠木と壁の間にすき間がありました。
雨漏り原因特定の為水掛試験
                         ▲雨漏りの原因特定の為水掛試験
すると、予想が的中したようです。
雨漏りしていたお部屋の天井から、水が漏れてきました。


雨漏り原因特定の為水掛試験
                         ▲雨漏りの原因特定の為水掛試験
念のため、その他の原因になりそうな箇所にも順次水掛試験を実施しましたが、
その後は水漏れはなし。

雨漏りの原因は特定できたので、補修計画も決定です。

キチンと雨漏りの原因箇所をなおして、傷んでしまった室内の壁天井も
補修していきたいと思います。

雨漏りの原因は、目視だけでの特定は無理。
このように、水掛試験を実施して原因箇所を特定したいですね。

ページ上へ