スタッフブログ

こんにちは!インテリアコーディネーターの隅谷です。

相模原市のⅠ様邸。
お家の床のフローリングが、部分的にフカフカしてきています。

床下を点検したところ、フローリングの下地材は問題なし。
そこで今回は、フローリングの上貼り工事で、リフォームすることにしたんです。
フローリングの上貼り工事
                         ▲フローリングの上貼り工事
こちらがリフォーム前の様子。
何箇所かが、踏むとフカフカとフローリングが沈みます。

フローリング下地材に問題があるときは、
今のフローリングを剥がして、下地を補修した上新しく貼り替えます。
フローリングの上貼り工事
                         ▲フローリングの上貼り工事
こちらが、フローリングの上貼り工事施工中の様子。

もちろん貼り替え工事よりも、工期は格段に短くなります。
家具の移動も、楽ですね。

既存のフローリングの上に貼っていくので、床の強度もアップ。
出入口の段差も緩和されます。

現在リビングを施工中。
このあと、玄関廊下、キッチンと工事を進めさせていただきます。

こんにちは!インテリアコーディネーターの隅谷です。

町田市のY様邸、外壁塗装工事が完了しました。
外壁塗装工事
                         ▲外壁塗装工事
ピカピカのきれいな仕上りです。

見た目がきれいになったことはもちろん、防水効果を取り戻して、
これから10年、また安心して過ごしていただくことが出来ます。

使用した塗料は、セラミックシリコン塗料。
Y様のお家のようなモルタル壁には、最適な塗料なんですよ。

合わせて、塀もきれいに塗り直しました。


外壁塗装工事
                         ▲外壁塗装工事
外壁塗装工事前は、このような様子でした。

外壁に艶がなくなり、防水効果が無くなってきている状態。
木部や鉄部も、傷みが出てきていました。
外壁塗装工事
                         ▲外壁塗装工事
外壁塗装工事においては、もちろん外壁だけではなく、
破風板・軒天などの木部や、雨戸などの鉄部、すべてを塗装します。

傷みがひどくなってからではなく、傷みが出ないよう予防する為、
出来れば、早めのお手入れをおすすめしますよ

こんにちは!インテリアコーディネーターの隅谷です。

相模原市のH様邸。
浴室の改修工事を実施します。


LIXILアライズで浴室改修
                         ▲浴室改修工事
こちらが、既存の浴室。

H様のお家の浴室は、在来工法で造られたタイル貼りの浴室。

まだまだとてもきれいなのですが、冬は寒く、タイルの目地もお掃除が大変。
そこで今回、システムバスにリフォームすることにしたんです。
浴室改修工事

浴室改修工事は、まず既存の浴室の解体作業からスタート。

壁タイル・天井・床を壊して、元の下地の状態に戻すんです。
その中に、新たにシステムバスを組み立てていくんですよ。

今回選んだのは、LIXILのシステムバス「アライズ」。

壁・天井・床にすべて保温材が使用されています。
システムバスは、機能面もグレードアップして、お掃除も楽。

快適な浴室になるので、楽しみにしていて下さいね

その他当社の施工事例は、こちらをクリック
こんにちは!インテリアコーディネーターの隅谷です。

相模原市のⅠ様邸。

前回の外壁屋根塗装工事から、10年が経過。
傷みが目立つようになっていました。
外壁屋根塗装工事
                         ▲外壁屋根塗装工事
このとおり、外壁も屋根も色褪せてきています。
艶もなくなり、色褪せが目立つのは、防水効果がなくなってきている証拠。

塗装工事の目的は、もちろん見た目をきれいに蘇らせることもありますが、
一番大事なことは、防水効果を蘇らせること。

防水効果がなくなってしまうと、建物を保護できなくなってしまいます。
外壁屋根塗装工事
                         ▲外壁屋根塗装工事
こちらが、外壁屋根塗装工事後の様子。

すっかりきれいになりましたね。
気分一新、色も今までとは変えてみました。
外壁屋根塗装工事
                         ▲外壁屋根塗装工事
玄関廻りも、壁・軒・樋・雨戸など、色褪せが出ていました。
木部・鉄部は、外壁よりも劣化が早く、放っておくとすぐに錆びたり腐ったりします。
外壁屋根塗装工事
                         ▲外壁屋根塗装工事
こちらが施工後。

玄関廻りが、明るくなりました。

今回、外壁にはセラミックシリコン塗料を使用。
これで、また10年安心して過ごすことが出来ますね

こんにちは!インテリアコーディネーターの隅谷です。

相模原市のK様邸。
雨戸の開け閉めに不具合が出ていました。

途中で引っかかってしまったりで、動かなくなることも
リフォーム雨戸工事
                         ▲リフォーム雨戸工事
リフォーム雨戸工事
                         ▲リフォーム雨戸工事
原因は、敷居が木製のため擦り減ってしまっていること。
枠と戸袋も木製のため、磨り減っている以外に腐ってもきていました。

そこで今回、リフォーム雨戸ですべてを取り替え。
アルミ製にしたんです。
リフォーム雨戸工事
                         ▲リフォーム雨戸工事
こちらが、施工後の様子。

雨戸・戸袋・枠、すべてアルミ製。
開け閉めもとても軽く、今後腐って不具合が出る心配もなし。

毎日開け閉めする雨戸の調子が悪いと、かなりのストレスです。

これからは、楽々と開け閉めできて、
より快適な朝を迎えていただけそうですね



ページ上へ