リフォームドア「リシェント」で玄関ドアをワンデイリフォーム 相模原市O様邸

リフォームドア「リシェント」 施工後
                         ▲リフォームドア「リシェント」 施工後
相模原市のO様邸。

玄関ドアを、LIXILのリフォームドア「リシェント」でリフォームしました。

仕様は
LIXIL リシェントC15型(ハンドダウンチェリー)片袖あり、ランマなし、断熱仕様

C15型は、ステンドグラス風のガラスが特徴の、洋風のドアです。
断熱仕様になっているので、玄関内の温度が外の気温に左右されづらいんですよ。
リフォームドア「リシェント」 施工中
                         ▲リフォームドア「リシェント」施工中
こちらが施工中の様子。

リフォームドア「リシェント」は、既存の木枠だけ残して、
その上から新しいアルミの枠をカバーしていきます。

枠が取り付けば、あとはその中に新しいドアを取り付けていきます。

だから、ワンデイリフォーム。
外壁の補修などもなく、一日で工事が完了するんです。
リフォームドア「リシェント」 施工前
                         ▲リフォームドア「リシェント」 施工前
O様は、前々から玄関ドアが汚れてきたことを気にかけていたそうです。

今回、リフォームを決断されたきっかけは、大事なお客様の訪問が決まったから。

玄関ドアは、お家の顔ですからね。
いつかリフォームするのであれば、この機会だと思われたそうです。

当社展示場にO様がおいでいただいたのは、お客様のいらっしゃる1ヶ月前。

打合わせから、現場採寸、商品決定、取付工事と、順調に進んで、
余裕を持って間に合いました。

きっとお客様も、この立派な玄関ドアに感心されたのではないでしょうか。